映画「聲の形」ネタバレあり感想・考察:原作との違いに見る山田尚子流フォーカスの一長一短

はじめに

みなさんこんにちは。ナガと申します。

今回はですね映画『聲の形』の地上波放送が決まったということで、それに向けて当ブログの過去記事を大規模リライトしております次第です。

公開当時に書いた内容を残しつつ、そこに新しい内容を書き加えながら、映画『聲の形』に見る山田尚子流フォーカスの長所と短所に迫っていけたらと思います。

作品のネタバレになるような内容を含む記事となっておりますので、その点をご了承いただいた上で読み進めていただけたらと思います。

あらすじ・概要

「週刊少年マガジン」に連載され、「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」などで高い評価を受けた大今良時の漫画「聲の形」を、「けいおん!」「たまこラブストーリー」などで知られる京都アニメーションと山田尚子監督によりアニメーション映画化。脚本を「たまこラブストーリー」や「ガールズ&パンツァー」を手がけた吉田玲子が担当した。退屈することを何よりも嫌うガキ大将の少年・石田将也は、転校生の少女・西宮硝子へ好奇心を抱き、硝子の存在のおかげで退屈な日々から解放される。しかし、硝子との間に起こったある出来事をきっかけに、将也は周囲から孤立してしまう。それから5年。心を閉ざして生き、高校生になった将也は、いまは別の学校へ通う硝子のもとを訪れる。(映画comより引用)

 

原作と比較する映画版『聲の形』の一長一短

この作品は聾者の少女である硝子が小学校に転校するところから始まります。主人公の将也と周囲の子供たちは聴覚障害がきっかけで硝子をいじめるようになります。

しかし、その 結果としてそのいじめが自分に降りかかるような形で今度は自分がいじめの対象となってしまった将也。将也の周りの人間関係は崩壊し、暗い影を落とすこととなります。そして将也、硝子はともに高校生になり、将也の罪悪感がきっかけで再会し、再び関係を強めていきます。止まったままだった彼らの時計の針は再び動き出します。

簡単な物語のイントロダクションを説明したところで、この「聲の形」が原作から映画に変換されるにあたって評価したい部分と批判したい点を挙げ、最後にまとめたいと思います。

評価ポイント①

©大今良時・講談社・映画聲の形政策委員会 「聲の形」予告編より引用

まず評価したいのは、その圧倒的な映像の美しさと躍動感でしょう。ここのところ美しい背景描写で話題となっている新海誠作品。しかし京都アニメーションの背景作画も全く後れを取ってはいません新海作品の背景とはタッチはかなり違いますが、桜や水しぶき、花火、どれをとっても最高品質です。

そしてなんといってもキャラクターの描写が素晴らしいです。キャラクターデザインではなく、キャラクター描写の書き込みがとんでもないんですよ。また山田尚子監督の実写映像ベースのぼかし技法も効いてますね。

ちょっとした表情の変化、、髪の毛が風になびくさま、筋肉の挙動まで計算されつくしたキャラクターの動き、観客を惹きつける仕草。何気ない一瞬ですら観客を惹きつけて話さないキャラクター描写はもはや圧巻の一言です。

これは京都アニメーションにしかできない芸当です。

評価ポイント②

©大今良時・講談社・映画聲の形政策委員会 「聲の形」予告編より引用

次に評価したい点は原作よりも永束くんを魅力的なキャラクターに仕上げたことでしょう。この作品は原作を読んでいると特にですが、かなり重く、苦しい展開が続きます。

映画ではそういった描写の大部分がカットされましたが、それでもやはり登場人物たちの悩みや葛藤が続きます。そんな中で永束くんは今回の映画において、常に観客の笑い声を誘うキャラクターであり続けたました。原作にある映画製作というエピソードが丸ごとごっそりカットされたことで、永束くんは見せ場の半分ほどがなくなったにも関わらず、なぜ魅力的だと感じたのでしょうか。

1つは表情が豊かな点でしょう。京都アニメーションが以前に製作した「日常」というテレビアニメで培ったシュールな表情や何とも言えないシュールな表情を惜しげもなく使い、永束くんというキャラクターを非常にコミカルに仕上げてきました。

もう1つは映画製作展開をカットされたことで彼の葛藤という部分が、友人関係(主に将也)に絞られたことで、より将也の親友としてのポジションを確立したことです。これはほかのキャラクターの掘り下げがカットされたことにも起因するでしょう。

苦悩する主人公に笑顔で手を差し伸べ続け、入院から帰ってきた将也の下へいち早く駆け付け涙を流す(映画オリジナル)永束くんは確実に原作よりも友情に熱い男として描かれ魅力的になっていたと思いました。

評価ポイント③

映画にはどうしても2時間という尺が付きまといますよね。だからこそ原作を丸ごと映画に落とし込むことはできません。ラストシーンに関してですが、原作では将也と硝子が成人式ののち、小学校の同窓会会場へと入っていくところで幕を閉じます。

一方の映画では、文化祭で将也が、自分をいつも友人が支えてくれていることを認識し、今まで遮って来た世界の「聲」に耳を傾けるところで終わります。『聲の形』は原作と映画でラストシーンは異なるんです。

しかし、映画の締め方としてこのシーンを持ってきたことを純粋に評価したいと私は考えています。というのも原作のテーマ性を失わせないラストに仕上がっていたからです。

「自分の「聲」を他人に伝え、他人の「聲」を聞く。そうやって他人とコミュニケーション取りながら生きていかなければならないんだ。」というメッセージが伝わってくるラストになっていたと思えました。

またこのシーンの演出が素晴らしく鳥肌が立ちました。友人の表情と盛り上がる劇伴音楽、そして彼が張り続けてきたXのレッテルが剥がれ落ち、突如世界が「聲」に溢れる。まさに最高のフィナーレであったと言えます。

このラストに関しては山田監督がこれまで描いてきた「青春の終わり」という主題にも通底する部分があると思います。それに関しては別記事で解説しております。

スポンサードリンク





批判ポイント①

まず批判したいのは将也の友人たち、特に佐原と真柴の掘り下げはオールカットされてしまったことです。いくら尺の都合とはいえキャラクターを登場させた以上、そのキャラクターが物語に必要だったのかを明確にしないといけないはずです。

しかし、今回の映画ではメインキャラクターにも関わらずそれがなされておらず、もはや空気のように印象に残らない人物に仕上がっているキャラクターが多いように見受けられました。

真柴がいじめに人一倍敏感なのはなぜか。佐原を成長させたきっかけは何だったのか。川井さんの人物像も全く掴めません。原作のキャラクターの魅力を悉くかき消してしまった点については感心できません。

キャラクターを登場させた以上は当然掘り下げて欲しいところです。『聲の形』という作品はあくまでもメインキャラクター全員に問題とその解決、進むべき道が示される作品なのです。映画版では当時キャラクターのほとんどのそういった側面が排除され、綺麗に洗い流されてしまいました。

そのため何だか人間味の無いキャラクターが陳列される結果となり、非常に陳腐で浅い友情ごっこに仕上がっている点が否定できなくなってしまったのです。

批判ポイント②

©大今良時・講談社・映画聲の形政策委員会 「聲の形」予告編より引用

次に批判したいのは、将也と硝子を取り巻く友人関係の薄っぺらさです。原作では映画製作という展開が非常に効果的でした。この1つのものを共同で作り上げていくという作業がキャラクター同士の内面を剥き出しにし、ぶつかりながらも成長させ、関係性を深めていくというのは青春映画の定石です。

しかし映画では2人を取り巻く友人グループはたったの1回遊園地に遊びに行っただけなんですよね。一般的に考えて、知り合いになって1度遊園地に行っただけの友人関係とはどれくらいの深さなんでしょうか。その程度の友人関係で果たしてあんなにお互いに本気でぶつかり合えるのでしょうか。

映画製作を通して、お互いの「聲」をぶつけ合うことで友情を深めていくというバックボーンが原作後半の展開の説得力となっていたにも関わらず、それが無くなってしまったがために、妙に薄っぺらい友情劇になり下がった印象です。

彼らの友情関係に何の説得力もないまま物語が進行するために、キャラクターが「脚本」という大きな力に突き動かされている駒であるという雰囲気が強まってしまい、すごく幻滅してしまいました。

批判ポイント③

私はこの映画が原作からカットしてしまった部分においてどうしても許せないところがあるんです。

それが、硝子の母親が硝子の聴覚障害が原因で離婚を強いられたこと、それが原因で自分にも硝子にも強く生きることを求め続けてきたということ。そしてそれを祖母が支えてきたということ。この過去の回想シーンを抜かしたのが正直最大のミスだと思っています。

この一連のシーンは私が原作で一番泣いたシーンだと言っても良いですし、この原作の肝だと思うんです。このバックボーンがあってこそ、母親が厳しく、そして冷酷であろうとする意味や祖母が亡くなった時に母親が人知れず涙を流す意味が分かるのです。

これをカットしてしまうと母親の行動や心情のすべてが何の裏付けもないものになってしまいます。ここをカットした点は本当に手痛いと思います。

まとめ

ここまで評価点と批判点を述べてきました。全体的に映画「聲の形」は非常に毒気の少ない仕上がりになっていたと思います。原作の毒という毒をきれいに洗い流し、夏にふさわしいさっぱりとした青春映画になっていたように思います。この点は原作を既読か未読かで評価が分かれるところでしょう。

やはり一番思ってしまうのは、なぜテレビアニメでやらなかったのかということです。2時間の映画で駆け足で終えてしまうには非常に骨太なマンガです。今後テレビアニメ展開なんてことがあれば非常に嬉しいと思いますね。

山田尚子監督のフォーカスの短所が如実に出た作品

山田尚子監督作品の最大の特徴というのが、やはりその物語や登場人物に対する独特なフォーカスの仕方でしょう。というのも彼女の映画においては特定の人物と、彼らの物語に極限までフォーカスし、それ以外の人物やその物語を背景へと追いやってしまうというシステムが通底しています。

2018年の山田尚子監督最新作『リズと青い鳥』ではそのフォーカスが極めて効果的に機能していました。希美とみぞれという2人の少女の物語に極限までフォーカスすることで、2人の関係性に内包された閉塞感や緊張感を際立たせていました。

ただ映画『聲の形』に関してはこの手法が明らかに裏目に出ています。正直に言わせていただきますと、そもそも『聲の形』って登場キャラクターがそれほど多いわけでもないですし、最初からかなりミニマルな世界の中でのお話なんです。だからこそ無駄な部分というのがほとんどないわけです。

そこからさらに山田尚子監督は将也と硝子の物語だけにフォーカスしていくんですが、そうするとその周囲の人物がただの背景と化していくんですよね。ピントが合っている場所にフォーカスすると、どんどんその周りにあるものってぼんやりしていき、最終的には消えてしまいます。この現象が映画『聲の形』では生じてしまっています。

そのため、重要なキャラクターたちの掘り下げが全くなされず、それにもかかわらず原作の展開をある程度踏襲しようとしたがために、ただただ薄っぺらなドラマに仕上がってしまいました。

これに関していろいろと考えてはみましたが、やっぱりこの作品は映画ではなく、テレビシリーズで見たかったという一言に集約されてしまいます。

『たまこラブストーリー』がたまこともち蔵以外の描写をあれほどまでに切り捨てながらも名作なのは、あくまでも不評だった『たまこまーけっと』が予めテレビシリーズとして放映され、キャラクターや世界観の掘り下げがある程度下地として存在した上でのフォーカスだったからだと思っています。

それが無い状態で十八番のアプローチでそのまま勝負した山田尚子監督の賭けが少し裏目に出てしまったような気がしてなりません。山田尚子監督で、そしてテレビシリーズで見ることが出来たなら、もっと納得のいくものになっていたのかなぁと思いますね。

おわりに

皆さんは映画版『聲の形』に関してどのような感想を持ちましたでしょうか?

やはり公開当時から高評価の方が多いイメージはあります。ただ私はどうしてもこのアニメ映画版に関しては山田尚子監督らしさが裏目に出ているような気がしてなりません。

ただここでの失敗があったからこそ『リズと青い鳥』という作品で、自身の持ち味を研ぎ澄ませた究極の人物フォーカスを実現できたんだと思いました。

今回も読んでくださった方ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です