【ネタバレ】『フロリダプロジェクト』感想・解説:ラストシーンに込められた子供から大人へのメッセージ

アイキャッチ画像:(C)2017 Florida Project 2016, LLC. 映画『フロリダプロジェクト』予告編より引用

はじめに

みなさんこんにちは。ナガと申します。

今回はですね映画『フロリダプロジェクト』の感想や解説を書いていこうと思います。

アカデミー賞レースでも大きな話題になっていた作品ですが、ようやく日本でも公開されることとなりました。

良かったら最後までお付き合いください。

あらすじ・概要

 全編iPhoneで撮影した映画「タンジェリン」で高く評価されたショーン・ベイカー監督が、カラフルな風景の広がるフロリダの安モーテルを舞台に、貧困層の人々の日常を6歳の少女の視点から描いた人間ドラマ。定住する家を失った6歳の少女ムーニーと母親ヘイリーは、フロリダ・ディズニーワールドのすぐ側にあるモーテル「マジック・キャッスル」でその日暮らしの生活を送っている。周囲の大人たちは厳しい現実に苦しんでいたが、ムーニーは同じくモーテルで暮らす子どもたちとともに冒険に満ちた日々を過ごし、管理人ボビーはそんな子どもたちを厳しくも温かく見守っていた。そんなムーニーの日常が、ある出来事をきっかけに大きく変わりはじめる。主人公ムーニー役にはフロリダ出身の子役ブルックリン・キンバリー・プリンス、母親ブレア役にはベイカー監督自らがInstagramで発掘した新人ブリア・ビネイトを抜擢。管理人ボビー役をウィレム・デフォーが好演し、第90回アカデミー助演男優賞にノミネートされた。(映画comより引用)

予告編

アメリカの家族事情について

この映画を見た時に強く感じたのが、アメリカ感なんです。この映画って日本ではまずありえない話ですよね。絶対に作れないし、そもそも理解されないと断言できます。

日本で共感を得るのは例えば坂元裕二さんが脚本を書いた『woman』というドラマのようにシングルマザーが苦しい生活の中でも何とか子供のために・・・と奮闘する親子の物語なんですよね。

Woman DVD BOX
満島ひかり
バップ
2014-01-22

 

 

一方の本作『フロリダプロジェクト』に登場する母親ヘンリーって娘のムーニーに対して基本的に一切母親らしいことをしようとしませんし、放任しています。かと言って育児放棄をしているわけでもないですよね。この微妙な距離感って日本の親子価値観の下ではまず成立しないんですよね。

だからこそ日本人が『フロリダプロジェクト』を見ると、間違いなくヘンリーはクズ、彼女の友人たちはちゃんと母親をしていて立派だという視点になると思います。これは我々の社会がそうだからとしか言いようがありません。アメリカと日本の家族事情は大きく異なっているのです。だからこそ本作を理解しようとすれば、当然アメリカの家族事情を知っておく必要があります。

まずアメリカのシングルマザー事情についてです。現在のアメリカで未婚の母親の元に生まれてくる子供の割合は4割にも上ると言われています。もちろんこれは未婚のカップルの間に子供が生まれるのは当然と言うアメリカの価値観があるからこその数値です。ただアメリカの未婚のカップルが子供が9歳になるまでに別れる確率は何と50%超とも言われています。

一方で結婚していた場合はどうでしょうか。アメリカの離婚率は世界でもトップクラスで、こちらも2組に1組に近い割合で離婚が起きていると言われています。

このため2000年代以降アメリカではとにかくシングルマザーが増えていますし、シングルマザー世帯の貧困問題が顕著になっています。他方で再婚する場合も多く、それによってアメリカでは子供が血の繋がった両親2人と暮らしているというケースそのものが珍しくなりつつあります。

アメリカの家族の内部に入っていくともっと面白いことが分かります。基本的にアメリカでは夫婦の寝室と子供の寝室を分けるんです。しかも子供がまだ小さい内からですよ。日本ではトラディショナルな寝室の光景として「川の字寝」なんて言葉があるくらいですからね。子供と両親が一緒の寝室で寝るケースは多いです。

ベビーシッターなんて文化が根強いのもアメリカらしいところです。日本では基本的に両親が子供を連れて外出するのが当たり前ですが、アメリカでは子供をベビーシッターに預けて、両親だけでデートに出かけるなんてことも日常茶飯事だったりします。

このようにそもそも日本とアメリカで家族観や家族における子どもの立ち位置なんかに大きな違いがあるということを理解しておく必要がありますね。

アメリカの家族事情が知りたいのであれば『クレイマー、クレイマー』がおすすめです。

クレイマー、クレイマー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
ダスティン・ホフマン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2015-12-25

 

 


この作品を見ると、アメリカの家族事情が非常によく分かります。

スポンサードリンク




個人主義と子供

FullSizeRender
(C)2017 Florida Project 2016, LLC. 映画『フロリダプロジェクト』予告編より引用

では先ほど挙げたようなアメリカの家族事情はどういう考え方や価値観に由来しているのかというお話になりますが、これは徹底的な個人主義ですよね。

これはアメリカの国を見ても明らかですよね。日本は国家に権力が一極化していて、今徐々に地方分権を進めてはいますが、なかなか上手くいきません。その一方でアメリカは各州が強い力を持っています。そのため州ごとに法律が違うなんてことも当たり前です。

他にも日本には国民健康保険なんて制度がありますよね。これはアメリカでは考えられない制度です。アメリカでは基本的に個人個人で保険に加入するのが当たり前です。

このようにアメリカは常に個人の自立、独立を重視する気風が強いです。これはフロンティア精神の元に、他社に依存することなく、権力に縛られることもなく、自由に独立した個人として生きていくことこそが理想であるという価値観がアメリカ人の中に深く根付いているんですよ。

そして彼らはその個人主義を自分たちの家族の中にまで持ち込みます。

日本の家族において中心は基本的に血縁関係です。つまり夫婦の関係よりも親子の関係の方が重要視される傾向があります。一方のアメリカは違います。基本的に親子の関係よりもまずは夫婦の個々の人間としての存在や意志が重要視される傾向にあるのです。

ここまで申し上げるとアメリカで離婚率が高く、シングルマザーが多い理由が何となく分かってきたんじゃないでしょうか。

日本では離婚をするとなったら、または子供がいるカップルが別れるとなったら、真っ先に子供のことが問題となりますよね。子供はどうするんだ?と。それがために夫婦としての関係はほとんど破綻しているにもかかわらず、子供のために結婚生活を継続している家庭も存在していると思います。ただそれって極めて日本的なんです。

アメリカでは基本的に結婚も離婚も個人の契約でしかありません。だからこそ離婚する際に子供はほとんど顧みられません。そして離婚が成立した暁には、子供の負担を大体のケースでは1:1に折半します。

これを踏まえた上で本作のヘイリーとムーニーの親子の関係性を見てみると実に腑に落ちませんか?ヘイリーって基本的に子供にほとんど干渉しようとしません。食事だってまともに用意しようとしません。子供のために仕事をしようとすらしません。なぜなら彼女にとって子供は自分という個人から独立した存在だからです。

FullSizeRender
(C)2017 Florida Project 2016, LLC. 映画『フロリダプロジェクト』予告編より引用

だからこそ子供を1日中ほったらかしにし、夜になると友人とパーティーに出かけていき、またある夜は子供がいるにもかかわらずモーテルの部屋で売春をするのです。このようにヘイリーと言う人物はアメリカ人の個人主義のステレオタイプ的な存在なんですよ。

終盤に児童局に娘を引き取られていくシーンでも、日本のドラマのように涙を流しながら娘を追いかけていくなんてことはしないですよね。動揺しながらも彼女は荷造りを淡々と行います。そして児童局の人たちが子供を見失った暁には、彼らに「母親失格と言ったのはどの口だ!」と言わんばかりにブチギレます。これも子供のために怒ったというよりは、自分のメンツのために起こっている側面が強いと思います。

ヘイリーという人物は、どこまでもアメリカ人的な個人主義を植え付けられていて、それが故にムーニーをあまり顧みないんです。日本ではこんな母親がいたらあり得ないという話になりますが、アメリカではそこまで珍しい話でもないのではないでしょうか。

参考:『万引き家族』感想:是枝監督の家族に対する優しい視線に涙が止まらない!

ラストシーンに込められた子供から大人へのメッセージ

FullSizeRender
(C)2017 Florida Project 2016, LLC. 映画『フロリダプロジェクト』予告編より引用

さて本作のラストシーンは多くの人が「どういうことだ?」と首を傾げたことだろうと思います。今回は私のラストシーンへの解釈を書かせていただけたらと思います。

本作で注目してほしいのが大人と子供、とりわけヘイリーとムーニーのリンクです。例えばムーニーは他のモーテルで車に唾を吐きかけたり、空き家に放火したりと基本的にルールや規則、法律を破り放題ですよね。しかしそれを指摘されたところで悪びれる様子もありません。一方でヘイリーも盗みや押し売り、売春、ドラッグなど法を犯すようなことをたくさんしています。それでいてはんせいするようすもありませんよね。

他にもムーニーは学校に行かず一日中遊んでいますよね。一方のヘイリーも仕事をせず1日中ダラダラとしています。このように本作ではヘイリーとムーニーが非常にリンクする形で描写されています。

これがラストシーンを解釈する上で重要なことなのではないかと個人的には考えました。

もう1つ注目したいのが本作に登場するモーテルです。フロリダ州にあるそのモーテルはカラフルでしかもメルヘンチックな名前がついていますよね。ムーニーが暮らしているのは「マジックキャッスル」という安モーテルです。

FullSizeRender
(C)2017 Florida Project 2016, LLC. 映画『フロリダプロジェクト』予告編より引用

この2つを踏まえた上でラストシーンを読み解いていきましょう。

本作の衝撃のラストシーンはまさに子供から大人に向けられた小さな反逆なんだと思います。

先ほどから申し上げているようにアメリカにおいては個人主義の気風が強いです。それが家族に持ち込まれた結果、犠牲になるのはいつだって子供なんです。親の個人主義に振り回された結果、不利益をこうむってしまうのは子供でしかないんです。それでも大人は自分の個人主義を振りかざして、子供を顧みることなく離婚やシングルマザーになるという決断をしてしまいます。

近年のアメリカではその伝統的な精神たる個人主義が1つの問題となっています。行き過ぎた個人主義の先に待つのはエゴだからです。そんなエゴの表出がアメリカでは多くの社会問題を生んでいます。

自分のことしか考えられないのが子供、他人を思いやれるのが大人、しかし現代アメリカが抱えるエゴイズムが浮き彫りにするのは自分たちのことしか考えない大人たちの姿です。その姿はまさしく『フロリダプロジェクト』のヘイリーに重なるとは思いませんか?

だからこそあのラストシーンはそんな個人主義を信奉する大人たちへの痛烈な皮肉とも取れます。

大人たちのエゴによってメルヘンチックな安モーテルで暮らすことを強いられる子供たち。だったら子供の私たちは「ディズニーランド」のお城で暮らしてやると言わんばかりに飛び出していきました。「マジックキャッスル」と「ディズニーランド」。大人たちのエゴで辿りついた先と子供たちのエゴで辿りついた先に似たような名前の施設があるというのがセンセーショナルです。

大人の個人主義に対して子供の個人主義をぶつけることで、本作が冒頭から描き出してきた子供の世界の主権を保証し、さらにはその2つの個人主義のシュミラリティがラストシーンにてアメリカ個人主義社会に対する鮮烈なアイロニーへと変貌しているわけです。

スポンサードリンク




母性神話と母性の喪失

FullSizeRender
(C)2017 Florida Project 2016, LLC. 映画『フロリダプロジェクト』予告編より引用

さて本作を読み解く上でもう1つ考えてみたいのが、ヘイリーにはそもそも母性が備わっていないのではないかという視点ですね。

基本的に映画などで登場人物の行動や考え方が理解できない時に、一旦自分の価値観から離れた視点から考えてみるのは非常に大切なことです。子供を産めば、自動的に母親になるなんてことはありませんし、女性に生まれつき母性が備わっているなんて話は神話紛いのものです。

日本でも母親が子供を虐待するニュースなんかが報道されると「母性の喪失」だなんて声が挙がりますが、そもそも母性は誰しもが元々もっている性質ではなく、子供とのかかわりの中で後天的に付与されるものですから、「喪失」というワード自体がずれています。

本作の主人公ヘイリーは本編中でほとんどムーニーの母親らしい側面を見せないんです。母親として当然すべきことをほとんどしてあげていないという有り様でした。

これはなぜなのかと考えてみた時にヘイリーにはそもそも母性が発達していない、欠落しているという視点が浮かび上がります。

ダルデンヌ兄弟の『ある子供』という映画では、自分の子供を人身売買に売り渡したことを喜々として恋人に報告する道徳観が欠如した主人公が描かれました。

ある子供(字幕版)
ジェレミー・レニエ
2015-06-03

 

 

 

本作のヘイリーの行動の不可解さもそう考えると腑に落ちてきます。

今月の頭に公開された映画『ラプラスの魔女』で映画版ではカットされていたのですが、原作では先天的に父性を欠落して生まれてくる男性がいて、それが家族を持った時に表出して虐待などに走ることがあるという旨が述べられていました。

参考:【ネタバレ】『ラプラスの魔女』とは三池崇史と東野圭吾による人間賛歌だ!!

我々は母親である彼女を見て、彼女には当然母性が備わっているものであるとする母性神話を当てはめようとしますが、そもそも彼女には母性なんてものは無かったし、発達していなかったのかもしれません。

おわりに

本作の撮り方の巧さが光っていたのは、大人の世界をあくまでも子供の視点から描くという作品構造ですよね。1番度肝を抜かれたのはやはりお風呂のシーンです。子供の視点からはお風呂の中しか見えていませんが、そこから1歩外に出ると、ヘイリーが男に身体を売っていたという何とも物悲しい事実が待ち受けています。

他にも本作は徹底的に子どもの視点から見た世界を描こうという演出が一貫していて、それがラストシーンでしっかりと作品の主題にも繋がってきたので素晴らしかったですね。

おそらく日本では主人公ヘイリーに共感する声は少ないでしょうし、彼女の行動は理解されないと思います。ただアメリカの家族事情や個人主義を踏まえてみてみるとむしろこれ以上ない位にステレオタイプ的なアメリカ人なんですよね。

美しい映像も相まってまさに「真夏の奇跡」と呼ぶにふさわしい映画に仕上がっていました。

今回も読んでくださった方ありがとうございました。





ナガの映画の果てまでfacebookアカウント

当ブログのfacebookアカウントをフォローしていただければ、いち早くブログの更新情報をお知らせします!

おすすめのサービス

現在当ブログ管理人も活用しているAmazonプライムビデオでは話題の映画が定額で見放題です。今なら30日間の無料体験ができます

4 件のコメント

  • はじめまして。母性、なんてスタンダードはないんですよね…その時、その人の対処が幾通りもあるだけなんですよね…願わくば、ウィレム・デフォーおじさんみたいな人がいた、とコドモたちの記憶に残ってほしいな。

  • @さるこさん
    コメントありがとうございます!
    デブォーおじさんのあの手を差し伸べようとするもどうしようもないという切ない感じが素晴らしかったですね〜

  • 今更ながらこの映画を観て、ここのブログを拝見させていただきました。
    このブログでラストの解釈があてはまって凄くスッキリできました。なんかわからないですけど、ありがとうと感謝したくなりました。ありがとうございます。

    • ちきんさん、コメントありがとうございます!

      もちろんいろいろな解釈があることと思いますが、参考になったようでしたら幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です