ナガの映画の果てまで

Copyright (C) 2016-2017 ナガの映画の果てまで


【イントロ】

IMGP0945

  先日のアカデミー賞では、ブリー・ラーソンが主演女優賞を獲得し、日本でも注目を集めている作品、「ルーム」。私自身も日本公開が待ち切れず、北米版のブルーレイを購入し、一足先に自宅で鑑賞した。ものすごく高い期待値を持って、この作品を鑑賞したが、その期待に応えるどころか、私の期待値を大きく超えてくる作品となった。

 この作品は単なる親子の物語ではないのである。映画というものにドラマ性と社会的問題を混在させた作品なのである。

 私がそういった映画を1つ思い浮かべろと言われたら、イーストウッド監督作品でアカデミー賞作品賞を受賞した「ミリオンダラーベイビー」が真っ先に浮かぶ。この作品は、ヒラリースワンク演じる主人公とイーストウッド演じるその師匠との師弟物語であり、サクセスストーリーであると同時に、後半では現在も議論の争点となっている、「安楽死」という問題に一石を投じる内容となっていた。このような作品はまだまだ数多く存在するが、この「ルーム」という作品もそういう作品の一部なのだと私は考える。

ミリオンダラー・ベイビー [DVD]
クリント・イーストウッド
ポニーキャニオン
2005-10-28


 この作品においてそのテーマは2つあると個人的には考えている。1つはこの物語の本筋から読み取れるもの。1つはこの作品の撮影、演出といった部分から読み取れるものである。


【望まぬ母親と望まぬ子供、その希望とは?】

  現在の社会において、子どもの問題は一つ大きな課題となっている。不妊等の原因による代理出産に伴う親権の問題、虐待や養子問題、そして今作で扱われた、強姦やレイプといった事件に巻き込まれることで望まれないまま生まれてくる子どもの問題である。

 自分の意志でなく、妊娠してしまい、やむを得ない状況で子供を持つこととなった母親。そんな母親がその子供を育てていくことは正しいと言えるのだろうか。またそれは子供にとって幸せなことなのだろうか。というのも子供はその母親と暮らしていけば、いずれ必ず、自分がそういう経緯で生まれてきたことを知ることになる。それは、子どもにとって非常に苦しいことではないだろうか。自分は誰からも望まれず、自分は誰からも愛されていないのではないかと感じずにはいられないだろう。

  この作品でこの疑問を投げかけるのは、母親のジョイを取材しに来たレポーターである。つまり、現在の社会一般的な見方としては望まぬ母親が望まぬ子どもを育てる義理はないし、それは子供のためにならないということなのだ。

 またこの作品においてジョイの父親は自分の娘がレイプによって産んだ子供をどうしても見ることができない、憎しみの対象として見てしまう。これは、当然の見方である。ジョイの父親以外の家族はジョイの娘のジャックを受け入れる。しかし、父親は受け入れない。この父親の存在がこの映画の説得力を増して言えると言えるだろう。

  しかし、この映画が示す希望はそれとは逆の方向にあるものである。ジョイはジャックの母親であることを受け入れるのである。物語の終盤のジョイとジャックのやり取りは印象的である。「未熟ながらも私はあなたの母親でいたい。私はあなたの母親よ。」というジョイの心からの言葉にジャックが応える。このシーンを見て、私はあふれる涙を抑えることができなくなった。事件に巻き込まれ、やっと解放されたジョイ。高校生の時から時が止まってしまったかのように少し未熟で、母親としての在り方なんてわからない。自分の幸せも子どもの幸せも考えるほどの余裕はない。

 しかしそんなジョイが出す、ただジャックの母親でありたいというシンプルな答えとその肯定。

 現代社会においてこの決断が正しいと捉えられるかは別の話になるかもしれない。ただ、一人の女性が母親であることを望み、受け入れたという話に過ぎない。だが、その決断がどれほど勇気あるものだったかを考えると、やはりジョイに感情移入してしまうし、2人の幸せを願わずにはいられないのである。

 そしてこの難しい役どころを見事に演じきった、ブリーラーソンのアカデミー賞主演女優賞受賞は自明であったと言わざるを得ない。それほど説得力のある演技であった。

 スポンサードリンク

【我々が囚われている四角い「世界」と世界】
 
 最後にもう一つのテーマについて考察していきたいと思う。それは我々はその囚われた四角い「世界」から飛び出し、外の世界に目を向けていかなければならないということだと思う。

 この作品には、そのテーマを意識しているような演出がうかがえる。ジョイが閉じ込められた庭の倉庫、その窓、近代的な病院の一室、そこから見える近代的都市、スマートフォン、テレビ。そういったいわば四角い事物をかなり意図的に劇中に登場させているようにうかがえた。人間というものは文明の発達とともにどんどんと自分たちを四角い「世界」に閉じ込めてきた。それは都市であり、住居であり、部屋であり、テレビであり、スマートフォンである。つまり、われわれ人間はいまや総じて、「ルーム」の住人なのである。

 しかし、この劇中ではそんな「ルーム」から飛び出し、世界を知らんとする人の姿が描かれている。つまりこの映画は非常に社会風刺的な内容を含んでいると言えるだろう。我々は、四角いリアルでアンリアルな、そいて虚構に満ちたその四角い「ルーム」から脱出していかなければならないのだ。この映画でも描かれるような、初めての世界に触れるリアルな感覚を現代人は取り戻さなければならないのだ。

 世界はとても大きいのだ。我々が四角い「ルーム」から知ることができるのは、その一断片にすぎない。そこから脱却して、未知の領域に触れていかなければならないという現代人へのメッセージがこの作品に含蓄されているのではないかと、考えずにはいられない。

 このレビューを四角い映画のスクリーンに囚われた私が書くというなんとも皮肉めいたことになってしまったが、自分自身いろいろと考えさせられるところの多い作品だったと思う。
 
 みなさんも劇場に足を運び、「世界」に触れてみましょう。

*この記事は一部、自身のFilmarksと重複する部分があります。

ナガ ROOM レビュー 感想
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット