ナガの映画の果てまで

Copyright (C) 2016-2017 ナガの映画の果てまで


〇イントロ

 今日はですね、大阪のアニメ「サクラクエスト」先行上映会に参加してきましたので、そのレポートと第3話までの略感を書いていきたいと思います。記事の終盤にネタバレを含む内容も書きますが、その際は「ネタバレ注意」のテキストを出しますので、それまではネタバレなしで読んでいただける内容になっていると思います。

 本日、大阪で行われた「サクラクエスト」先行上映会では、第1話から第3話までの本編上映とメインキャスト5人による舞台挨拶が行われました。

 チケットに入場者プレゼント有りと書いてあったので、何かなあと楽しみにしていたところ、クリアファイルでしたね!!いやはやありがたいですよ!!きちんと飾らせていただきます!!

image


〇概要

 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSの"お仕事シリーズ第3弾"『サクラクエスト』。バブル期にムーブメントを起こすのも今や昔、すっかり廃れてしまった"ミニ独立国"の再興のため、ひょんなことから国王(観光大使)に就任してしまった主人公たち女子5人の1年間の奮闘を描いていきます。キャラクター原案は『薔薇のマリア』『結城友奈は勇者である』など数々の人気作品を手掛けるイラストレーターBUNBUNが務め、キャラクターデザインは『TARI TARI』『SHIROBAKO』などの関口可奈味が担当、そのキャラクター達をP.A.WORKSが瑞々しく躍動的に描いていきます。 平凡で、どこにでもいる、普通で等身大の女子たちが、 観光協会のお仕事を通じて成長し、変化していく1年間の物語が、始まります。(サクラクエスト公式サイトより引用)

〇あらすじ

 主人公、木春由乃は、田舎から上京し、短大の卒業を間近に控えた、いわゆる普通の20歳の女の子。東京には何でもあって、きっと特別な何かになれるのではないかと夢みて、30社以上の面接を受けるも、未だに内定はない。銀行の残高は980円。このままでは、田舎に帰って普通のおばさんになってしまう・・・と葛藤していたそんなある日、以前、一度だけ働いたことがある派遣事務所から、「地域の町おこしの一環で国王をやってほしい」との依頼がある。よくわからないが軽い気持ちで依頼先の間野山市に向かうことにした。一時的に日本中でブームになるも、バブル崩壊に合わせて今ではほとんど見ることの無くなったミニ独立国。間野山市は、今なおミニ独立国を続けている、廃れた残念観光地だった。そんなこんなで、由乃の"普通じゃない"お仕事生活がはじまった。
サクラクエスト公式サイトより引用)

〇メインキャラクター

・木春由乃(CV:七瀬彩夏)

2017-03-19-14-58-30
©2017「サクラクエスト」製作委員会 「サクラクエスト」PVより引用

 本作の主人公である木春由乃をまず最初に紹介します。田舎が嫌いで、東京で何とか就職しようと試みるも30社以上の企業に「お祈り」され、就職浪人が確定。東京で「自分が必要とされる何か」を「特別な何か」を探しています。そんな時、アルバイトの派遣会社から「チュパカブラ王国」の「国王」という仕事の依頼があり、間野山町へと向かうことになります。

 CVを担当する七瀬彩夏さんは本作が初主演ということで、これからどんどんと注目される声優さんの一人ではないでしょうか?声としては、「花咲くいろは」で緒花役を演じた伊藤かな恵さんと、「SHIROBAKO」で宮森あおい役を演じた木村珠莉さんのお二人に非常に似ていると感じました。まさに主人公ボイスと言う感じでぴったりとハマっていたように思います。

・四ノ宮しおり(CV:上田麗奈)

2017-03-19-14-59-02
©2017「サクラクエスト」製作委員会 「サクラクエスト」PVより引用

 間野山町にやって来た由乃を優しく支える間野山観光協会職員の四ノ宮しおりは、地元志向で、安定志向なキャラクターです。おっとりしていますが、地元、間野山を思う気持ちは人一倍強く、そのためには積極的に行動していく意志の強さも垣間見えます。

 CVの上田麗奈さんは、「てさぐれ!部活もの」シリーズで注目を集め、最近はどんどんと活躍の機会を増やしている声優さんです。初主演は「ハナヤマタ」のなる役でしたね。役どころとしては、明るく前向きでかつおっとりとしたキャラクターなのですが、そこに芯の強さも感じさせる素晴らしい演技だと思います。

・緑川真希(CV:安済知佳

2017-03-19-14-58-51
©2017「サクラクエスト」製作委員会 「サクラクエスト」PVより引用

 緑川真希は東京の小劇団で女優を目指していたのですが、夢破れて間野山に帰ってきました。クールで冷たい印象を与えますが、実は面倒見の良い性格です。また、いじられキャラでもあるのが非常に面白いです。東京時代にこなしてきた数々のバイト経験が、間野山観光協会の活動に活きてきたり??

 CVは安済知佳さんでこちらも最近ブレイク中の声優さんですね。火付け役となったのは、「響け!ユーフォニアム」の高坂麗奈役ですね。表層的にはクールなのですが、その奥に優しさと温もりを感じさせる声が印象的で、この真希というキャラクターにぴったりでした。

・織部凛々子(CV:田中ちえ美)

2017-03-19-15-00-51
©2017「サクラクエスト」製作委員会 「サクラクエスト」PVより引用

 織部凛々子は、間野山に住むしおりの幼馴染です。ただ、勇気がない性格で、高校を出てから就職せず、家に引きこもってネットやゲームに没頭する毎日を送っています。観光協会の丑松と対立している商店会会長の織部千登勢の孫でもあり、複雑な立場でもあります。コミュ障気味。

 CVの田中ちえ美さんはまだあまりアニメに多く出演されている声優さんではなく、これからのキャリアに期待が高まる声優さんですね。アニメ「三者三葉」にも出演されていましたね。オドオドとして人とうまくコミュニケーションが取れないながらも、徐々に由乃たちに打ち解けようとする、難しい役どころを堂々と演じておられました。

・香月早苗(CV:小松未可子)

2017-03-19-15-00-17
©2017「サクラクエスト」製作委員会 「サクラクエスト」PVより引用

 香月早苗は東京でIT系の会社に勤務していたが、都会疲れからか、半年前に間野山に引っ越してきました。間野山では、古民家を借りて、WEBデザインの仕事をしており、ひょんなきっかけから由乃たちに協力することとなります。

 CVの小松未可子さんは言わずも知れた人気声優さんですね。「サクラクエスト」と同じP.A.WORKSさんの作品だと「凪のあすから」に潮留美海役として出演していました。クール系の役どころが多い印象で、今回もクールな大人の女性という役どころなのでぴったりとハマっていると思います。

・門田丑松(CV:斧アツシ)

2017-03-19-14-59-58
©2017「サクラクエスト」製作委員会 「サクラクエスト」PVより引用

 チュパカブラ王国初代国王にして、間野山観光協会会長です。由乃を間野山に呼び込んだ張本人で、彼女たちに課題を押し付けます。間野山を思う気持ちは人一倍強く、何とかしてこの町を変えたいという強い信念の元に行動しています。

 CVは斧アツシさんですね。いやはや渋いですね。吹き替えやナレーターもされている方で、声優としても名脇役的なポジションのキャラクターを演じているように思います。本作でも威厳のあるどっしりとした声で作品を支える一方で、コミカルな演技で笑いを誘うこともあります。


〇「サクラクエスト」はスロースタート?

 PAWORKSの最近のオリジナルアニメーションを挙げて、「サクラクエスト」の序盤と比較してみたいと思います。今回挙げるのは、「花咲くいろは」、「TARI TARI」、「凪のあすから」そして「SHIROBAKO」の4作品ですね。(「true tears」は今回省いております)

 なんだって?「グラスリップ」がないだって?「グラスリップ」は第1話から人類には理解できない勢いでぶっ飛ばしまくってたから今回はすみませんが比較できません(笑)。

・「花咲くいろは」



 「花咲くいろは」は個人的な印象としては、序盤からかなり飛ばしていたように思います。もうほとんど1話と2話で作品に導入は片づけてしまいましたし、2話には一つの山場ともいえる展開を持ってきていました。また第3話では、ガッツリサービス回をやってみたりと、もう第1話~第3話まででかなりインパクトを残してきたタイプの作品だったように思います。

・「TARI TARI」

高垣彩陽
ポニーキャニオン
2014-12-17


 「TARI TARI」は「花咲くいろは」とは打って変わってスローペースな入りだったように思います。序盤の山場になる来夏と紗羽の合唱シーンを第2話に持ってきていたため、導入は割とインパクトが強く、そこから少し落ち着いて、5話・6話に大きな山場を用意していたように思います。つまり、「TARI TARI」も一つ大きな山場を第3話までに配置していました。

・「凪のあすから」

花江夏樹
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-11-26


 「凪のあすから」は正直序盤の構成があまり良くなかったかなとも思っております。序盤から主人公の人間関係の変化と序盤最大の課題を同時進行で描いておりましたが、かなり淡々としていて、盛り上がりに欠けました。5話で、序盤最大の課題を解決するという山場はありましたが、そこからがまた冗長。ただ2クール目に入ると確変するという超スロースタートでした。

・「SHIROBAKO」

木村珠莉
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-11-23


 「SHIROBAKO」はかなり序盤からハイペース・廃店舗で侵攻した作品だという印象が強いです。1話1話の密度が濃く、毎話ごとのインパクトが非常に強く、序盤から見る人の心をがっちりとつかんでいた印象があります。また、トラブルが起きて、それを乗り越えての連続となる構成だったので、序盤から十分に山場が用意されていました。

木村珠莉
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-12-21


 あくまで個人的な印象ではあるんですが、京都アニメーションは掴みが非常に弱い印象が強いですね。最近の作品では特に顕著だと思います。一方で、P.A.WORKSのオリジナル作品は序盤から強いインパクトを残してくるというイメージが強いです。

 そして、今回の「サクラクエスト」は「凪のあすから」のようなスロースタートタイプの構成ではないかと思うわけです。

 今回先行上映された第1話~第3話まででようやく「導入」という感じで、ここからいろいろと起こるんだろうなということを思わせつつな内容でした。

 一方で、「導入」に時間をかけたこともあって丁寧な構成になっていて、非常に素晴らしかったとも思います。ただP.A.WORKSは序盤からガンガン攻めてくるというイメージがあっただけに、少し掴みは弱いのかなとも感じました。

 だからこそ、ここでこれを言っておきたいのですよ!!

 とりあえず、第3話までは見て欲しいんです!!!!

 第1話とか第2話で切らないでください!!!!

 1話や2話でちょっと弱いなあと感じてもどうか第3話までは見てください!!!!


 大事なことなので、言葉を変えて、3回繰り返させていただきました。

〇本作のテーマは?

 本作は、まさに「居場所」を「必要とされる場所」を見つける物語であると思います。

 それは由乃をはじめとする登場人物はもちろんとして、間野山町そのものもそうです。本作は、由乃をはじめとするキャラクターたちが自分たちが「必要とされる場所」を見つけていく物語であり、その終着点には、間野山町を再び人々に「必要とされる町」にしたいという思いがあります。

 登場人物はそれぞれが挫折を味わっています。そして、間野山町も大きな挫折を味わい、限界集落一歩寸前まで衰退してしまいました。そんな人と町が再び、「居場所」を見つける、そんな物語なのです。

 「花咲くいろは」や「SHIROBAKO」といったP.A.WORKSお仕事シリーズにはやはり一貫したテーマ性があるように思います。

〇先行上映会レポート

・まずはキャスト自己紹介

 七瀬彩夏さん:「サクラクエスト」のイベントが初めてのアニメイベントということもあり、依然として緊張の面持ち。

 上田麗奈さん:「うえしゃま」の愛称で親しまれているのですが、司会者の方から「うえしょん」と呼ばれ、「『りえしょん』(村川梨衣の愛称)が混じってるじゃん!!」と思わずツッコミ!

 安済知佳さん:イベント慣れしているのか堂々としておられましたが、挨拶を忘れて、少し焦っておられる様子で面白かったですね。

 田中ちえ美さん:七瀬さん同様まだあまりイベント慣れしていないということもあってトークも少し緊張気味でしたが、一生懸命話されている様子が印象的でした。

 小松未可子さん:「盛り上がってるか?大阪~!!」「イェーイ!!」との軽快なコール&レスポンスで自己紹介を始めたのですが、最後に「せやかて~?」という関西弁コールをかけると、観客もいまいち反応できず。おそらく名探偵コナンの「せやかて、工藤」のくだりがやりたかったのではないでしょうか?(笑)

 ここからの内容は、第1~第3話を見た方向けの舞台挨拶のレポになるので、一部ネタバレを含む場合がございます。お気を付けください。

・第1話の「梅干しマヨネーズトースト」

 第1話で貯金残高980円となった由乃が寮で食べていた晩御飯が、カリカリ梅を食パンに乗せて、マヨネーズをかけただけという豪快なメニューだったんですが、これが衝撃的でキャストの間でも話題になっていたと仰っておりました。第1話でぜひ注目して見てください。

 梅干しを食べた後の酸っぱい表情の作画は、「SHIROBAKO」で絵麻が研究していたものなので、今回それが取り入れられたように感じて少しうれしかったです。

・チュパカブラの演技について

 第1話では斧アツシさんが、第2話では安済知佳さんがそれぞれ王国のマスコットキャラクターである「チュパカブラ」の演技をする場面があるのですが、第1話での斧さんの演技があまりにも迫真だったにもかかわらず、第2話の撮影の時に、安済さんはスタッフさんに、「真希は女優志望だったキャラクターなので、本気でやってください!」と言われ、少し怯んでしまったそうです。

・チュパカブラのキグルミ?

 どうやら、チュパカブラのキグルミが実際に作られているそうで、キャスト陣も楽しみにしておられる様子ですが、安済さんだけは「絶対気持ち悪いよ!!」と言っていたのが印象的でした。田中さんはキグルミを着ることに乗り気の様子でした(笑)。

・虫が苦手??

 上田麗奈さんは富山出身だそうで、富山出身の女性は虫大丈夫だからという謎のイメージが働いて、第2話でしおりがムカデを何事もなく箸でつかむというシーンが作られたそうです。しかし、実際は上田さんは虫が苦手ということで、あのシーンに関しては「気持ち悪い」と仰っていました(笑)。

・今後重要になってくる人物とは??

 第3話までだと見せ場が無かった謎の外国人サンダルさんと鈴木エリカの2人は今後重要度がましていくとかなんとか。

 サンダルさんは良いキャラしてましたよ(笑)。「マンジュウコワイ―」(笑)

2017-03-19-15-01-11
©2017「サクラクエスト」製作委員会 「サクラクエスト」PVより引用

 鈴木エリカは町の喫茶店を営むアンジェリカの娘です。かなり口が悪く、「クソ、クソ、クソ田舎」なんて発言も残していました。

2017-03-19-14-59-44
©2017「サクラクエスト」製作委員会 「サクラクエスト」PVより引用

・3話までは「はじまり」

 これは先ほど、私が書いたこととも共通するのですが、3話でやっとこの5人の、間野山町の物語が始まったというのが最大の印象です。この点はキャストの皆様も語っておられました。ここから登場人物の葛藤や間野山町を変えていくために具体的にどうしていくのか、どんな課題があるのかなどが描かれていくとのことです。第3話まではコメディチックでしたが、ここからは少し涙ありのシリアスパー
トもあるそうです。

〇まとめ

 本作で、印象的だったのはやはり、何かを変えられるのは、「若者、馬鹿者、余所者」というセリフですね。そしてそれに該当するのが、主人公の由乃であるわけです。今後由乃がそしてその仲間たちがどのように街を変えていくのか?楽しみで仕方がありません。

 由乃をはじめとするキャラクターたちが、自分たち自身をそして間野山町を変えていく1年間の物語から目が離せません!!

 サクラクエストは4月5日から全国で放送スタートとのことですので、ぜひともチェックしてみてください。

 どんどんドーナツ、ドーンといこう!!(違う)

2017-03-19-15-00-32
©2017「サクラクエスト」製作委員会 「サクラクエスト」PVより引用

 大切なことなので、最後に繰り返しておきます。

 第3話までは何があっても見てください!!!絶対に!!!

 今回も読んでくださった方ありがとうございました。 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット